ままならない

ままならない「そんな風に受け取らなくてもいいだろう?」
と、彼が半分笑って私に言います。

彼は本気で怒るという事はあまり無い人でしたので、笑いながらでも指摘をされると
私は悪いことを言ったかな?
などと少し不安になり、反射的に謝ってしまうのです。
そうすれば彼はまた「謝らなくてもいいのに」と笑うのです。

あの時の私は、恋愛にとてもナーバスだったと思います。
彼との関係は落ち着いたものを築けていたのに、私自身の心は常にビクビクしていたような気がします。
その理由は今でも不確かなのですが
もしかしたら「ままならない」という事を知り始めていたからかもしれません。

彼との交際の中で、
こうなればいいな」という理想像のようなものは常にありましたし
そこに近づいていく努力もしていました。
しかし、結果がままならない事のほうが多かったんです。
ふと漏らした一言で、先のように彼に言われてしまうくらいですから(苦笑)

しかし、恋はままならないのがデフォルトで、だからこそ楽しむべきだし
毎日の積み重ねだとか、一言一言を大切にしなくてはならないと思うようになってからは
随分と心が楽になりましたし、前に進んでいこうという強い気持ちも持つことが出来るようになりました。